マックプログラムについて

依存症からの回復には2つの大きな要素が必要です。

一つ目は回復者の支えを利用することです。相互支援グループ(AAやGAなど)への参加を勧めています。また、ミーティングを中心とした参加者同士の分かち合いの時間を多くとっています。
二つ目は12ステッププログラムの活用です。AA(アルコホーリクス・アノニマス)は1935年にアメリカで生まれた相互支援の運動です。そこで使われている12ステッププログラムは当時アルコール依存症が社会的な問題になり、解決策のなかったアメリカで画期的な成果を上げました。なんと、半数以上のアルコール依存症者が回復への道を歩き始めたのです。
日本でも近年12ステッププログラムが見直されています。みのわマック(東京)でも30年以上にわたって成果をあげており、多くの方々が回復への道を歩き始めています。

開所日


年中無休

開所時間


午前9時から午後5時
(詳細はお問合せください)

利用条件


お問合せ下さい
093-967-7691

活動内容


(1)12ステップを中心としたミーティング
(2)生活訓練-清掃や調理実習など

その他


12ステップグループのセミナー等への参加